アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
新・今、そこにある映画
ブログ紹介
兄弟ブログ「昔の映画を見ています」
もあるでよ。 (by 昔の映画)
zoom RSS

面白い!「アイアムアヒーロー」佐藤信介

2016/04/27 22:46
 いやあ、面白い!
 何気に見に行ったら、面白すぎ。16年、東宝。
 緊張感を持続した前半の飛ばしっぷり、後半の粘り、どれを取っても一級品の面白さ。
 佐藤信介監督としても、「図書館戦争」シリーズの生ぬるさを払拭する、個的銃撃戦の充実。主演・大泉洋も、絶品で。

<以下、ネタバレあり>
(画像右端見切れは画面上部タイトルをクリック)
「アイアムアヒーロー」予告


 本作は、パニック映画だのなんだのと「その実態」を隠して宣伝しているようだが、実態は、ゾンビ映画に属する。ホラー、スプラッターであることを、事実上隠して、そんなの見たくない、という観客まで呼び寄せるのは、いかがなものか。
 また、手垢がついたゾンビという言葉は使わず、ZQNなどと、おしゃれ?なネーミング(笑)。
 ゾンビという言葉は手垢がついているゆえ忌避されたのか、それとも何か使えない事情でもあるのか。流行外れの言葉だからだろうか。なんにしても、ZQNは、面白いネーミングだが。

 とはいえ、面白いことは、間違いなし。
 特撮、CGも、いわゆる日本映画的甘さ、やっつけ仕事ではない丁寧さ。
 そして、外国産のこの種の映画は、とかく殺伐一本やりになりがちなのだが、大泉洋のコミカル、長沢まさみ、有村架純の、可愛らしい顔が随所にアップされ、ほっと一息、の箸休め?もあり、まさに、いうことなしの爽快感。
 オススメです。

有村架純&大泉洋 アイアムアヒーローの裏話&インタビュー

 
★Movie Walker★に、詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1


山田洋次「家族はつらいよ」はつらいよ

2016/04/17 12:34
 16年、松竹。松竹創立120周年記念作品のひとつなんだそうな。
 なんだか、心が弱っているとき(笑)どっかんどっかんの、ハリウッドアクション映画は、ちとしんどい。
 ということで、そういうときに、毒にもクスリにもならない山田洋次作品が、たまたまあったので(笑)見に行きました。
 ホントーに、微温的で(笑)弱った心にも、低刺激(笑)で、うれしい。おかゆみたいな映画(笑)。
 こういう弱った心の日に、傑作なんて、見たくないよなあ、という心の欲求にもド・ストライク。さりとて、むかむかする駄作でもいかんよね、というときに、まあほどほどのプログラムピクチャアが、あることの幸せ。
 そうなんだよね、それがプログラムピクチャアというものでは、あるんだなあ、としみじみ。
 おもしろい、といえば、おもしろい。
 つまらない、といえば、つまらない。
 そういう映画も、大事なのよ(笑)。

「家族はつらいよ」 <Movie WalkerHPより>
巨匠・山田洋次監督が『男はつらいよ』シリーズ以来ひさびさに手がけるコメディ。突然の両親の離婚問題に揺れる子供たちら8人が繰り広げる騒動を描き出す。橋爪功と吉行和子が離婚の危機を迎えた熟年夫婦を演じるほか、西村雅彦、夏川結衣といった『東京家族』で一家を演じた8人のキャストが再集結し、別の家族を演じている。

 そして、今回の山田脚本は、ある意味小津を真似た、「あてがき」をしようという発想だと、思う。
 といっても。
 吉行和子の役は、なくなったイケメン流行作家を兄に持つ妹、とか、ニヤニヤ笑いのドクターに笑福亭鶴瓶とか、まあ、ホントにショーもない、あてがきともいえないようなあてがきで。
 うなぎ屋の出前持ちが寅さんの歌を歌ったり、吉行が通うカルチャースクールに、山田の「東京家族」上映会ポスターが張ってあったり、橋爪の部屋のTV前に「男はつらいよ」のDVDが何枚もあったり、まあこういうのを、山田はくすぐりと思っているのかもしれないが。
 うーん、芸のないくすぐりは、くすぐりとは、感じられんのだよねー。

 本作の大美点は、橋爪功大ワンマンショー! 少なくとも日本アカデミー賞には、確実に主演男優でノミネートされるだろう。
 いやあ、橋爪が、こんなに芸達者だとは、知らなかった!
 そのかるみのある演技、時に頑固親父、時にちゃらい笑いの軽薄親父、硬軟自在の演技で、楽しませてくれる。こんな、味な演技が出来る方とは、思いもしませんでした、と、お見逸れの土下座(笑)。
 蒼井優の演技力がすばらしいのは当たり前だが、その恋人・妻夫木聡の「古典的二枚目」ぶりもグッド。
 板についた時代錯誤。

 で、吉行和子だが。うーん(笑)。吉行和子は、二十代前半の新人の頃から、味も面白味もまったく感じない女優さんで。清楚な若い女優さんなら、格別の演技も格別の魅力もなくても、それなりにスクリーンで輝けるのだが、そういうオーラが、一切、なかったように、思う。
 往時の日活良心派映画で、若い娘の特権をまったく生かしきれていない謎の女優さんなのであった。
 これまた当時の日活娯楽映画で、姉御肌のいい女を一手に引き受けていた感のある渡辺美佐子と並ぶ、ぼく的に日活二大どうでもいい女優なのであった。
 本作でも、当然のように、なんの輝きも、ない。年をとってもとらなくても、なんの輝きも、ない。
 ファンの皆様、ごめんなさい。反論、お待ちしております。

 なお、家族全員集合の家族会議のために、
家族7人分のうな重上を夏川結衣が頼む→
義弟・妻夫木の彼女・蒼井優が来宅、当然一人分足りなくなる→
たぶん、一人分の追加があるべき→
義父・橋爪が倒れ、食事会自体が、崩壊

 ここら辺の「喜劇としてのおいしい展開」が、まったく回収されもせず、ああダメだなあ、と。
 ラスト近くに、橋爪がTVで小津「東京物語」を見ている、って、いったいこれまで何人が「東京物語」を見ているんだ、何の工夫もなく、小津に頼るのは、いい加減やめていただきたい。
◎追記◎実は、本作で一番笑ったのは、

吉行「マミヤノリコさんね。ノリコはどういう字?」
蒼井「ケンポウのケンです」

 うわっ(笑)。小津がらみでマミヤノリコといえば、ふつう紀子以外は考えられないのだが、さすが九条狂(笑)。どんな小さいスペースにも、ボールを突っ込んでくるなあ(笑)。
 近年永遠の左翼キャンペーンガール吉永小百合とのコラボで、ヒット作、話題作を作ってきた山田だが、本作では、珍しく左翼臭がないと、安心していたのに(笑)。
 まあ、トイ民主主義的な家族会議なるものにも、そしてその民主主義的な集まりのなかで「実質的」な家長・橋爪が心筋梗塞で倒れるという願望的暗喩にも、左翼臭はありありなのだが(笑)。
 腐っても左翼。すずめ百まで左翼忘れず、というところか。


『家族はつらいよ』 予告編

山田洋次監督「大笑いして見てもらえる」橋爪功らキャストが集結! 映画「家族はつらいよ」完成報告会見1

SMAP×SMAP 2016年2月29日

妻夫木聡&実力派俳優が来店で意外…!橋爪功の不器用な愛情表現が暴走して…中居も本­気で照れる?▽新ライバル登場!PちゃんvsGちゃん!?▽冬の女王・広瀬香美

 橋爪(なんと成瀬!)、吉行、妻夫木、蒼井のデヴュー作フッテージが出てくるのも、お楽しみ。トークでも、橋爪最高だ(笑)。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


綾瀬長沢たけしコマネチにんにく

2016/03/02 12:21
 さる2月29日は、4年に一度のめぐり合わせであった。
 2月29日といえば、そう、ニンニクの日(笑)。
 まだあまり定着していないようだが(笑)、居酒屋でニンニク揚げを食いつつ、それを見たカウンターのお隣客が「今日は、ニンニクの日。TVでやってました。だから、あたしも食いました」と、話しかけてくる程度には、ニンニク、もとい認知されているようだ。
 この居酒屋には、かつお刺しがないので、そのあとスーパーで買って、普段ならしょうがだが、今日は、ニンニクで、食す。
 かつおには、しょうがもニンニクも、よく会う。なぜか、王道のわさびには「会わない」のは、どうしたわけだろう。

 今ピンポイントな界隈で話題の、さる手帳によれば、2月29日生まれには、マキノ雅弘、前田通子、原田芳雄、という、いかにも濃いメンバー。ニンニクをがつがつ食らうパワフルな面々そうで、面白いなあ。
 さて、この日のひとり居酒屋のお供は、東スポ。
 東スポは、よほどのことがない限り、年2回しか買わない(笑)。
 たけしの日本映画大賞の発表号と、授賞式紹介号。2月29日は、後者。まあ、もっとも駅売店で目に入らなければ、買わない程度。
 その日は目に入ったので、たまたまですね。
 今回一面に大きくフィーチャーされた写真の小型圧縮版が、これだが。まあ、綾瀬主演賞、長沢助演賞、広瀬新人賞ということで、「海街diary」(当ブログで感想駄文済み)3姉妹が登場。って、どこの映画賞でもすっかり、夏帆が無視されているのが、フビン。
 確かに、残り三姉妹ほど美人でなく、いわゆる劣化して、女優オーラが消えてはいるのだが。それなりにうまい脇役として、残っていくのではないかな。
 なお、この発表では、監督賞はたけしとのことだが、当日、急遽、たけしから「海街diary」是枝に変更。コマネチ効果か(笑)。

注・なぜか画像が貼り付けられません(泣)兄弟ブログの「昔の映画を見ています」で、どぞ(泣)

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


満島・仲間、沖縄出身女優の共通欠点

2016/02/24 13:02
 ネットニュース?コラム?に、よれば、
★監督ウケは抜群なのに…女優の満島ひかり作品はなぜ不人気なのか? : シネマちゃんねる!★
専売特許の「助演」を全うし、2015年度は大いに評価される一年となった女優の満島ひかり(30)。
日本テレビ系ドラマ「ど根性ガエル」ではピョン吉の声を担当し、主人公ひろしを演じた松ケン以上にハマり役と絶賛され、2つのドラマ賞で助演女優賞のタイトルを獲得。
初めて挑んだ時代劇ムービー「駆込み女と駆出し男」ではべらんめえ口調の深川の粋な辰巳芸者で魅了して日本アカデミー賞優秀助演女優賞。
来月4日開催の同賞授賞式で発表される最優秀にも期待がかかる実力派だが、それはそれ。映画界からは意外な評判が聞こえてくる。
■「客が入らない」
「感性が鋭く、役に憑依するタイプの女優なので『使いたい』と話す監督はいるのですが、なかなかキャスティングされない。配給会社が『満島では客が入らない』と、なかなか首を縦に振らないというのです。国内外の賞レースで評価されても、肝心の興行で当たったためしがないのです」(映画関係者)
なぜ不人気なのか。コラムニストの桧山珠美氏は「若くして誰もが認める演技派になってしまったのがアダになったのでは」と、こう続ける。
「知名度はあるのにCMの仕事が少ないのは、彼女の人気のなさを象徴しています。同世代の女優の中で抜群の演技力ですが、ひと言でいうと華がない。
容姿も痩せ過ぎでセックスアピールに乏しい。まだ30歳なのに落ち着き過ぎてキラキラ感がなく、名前負けしてしまっている。(以上、抜粋引用)

 なぜ人気がないのか。そんなの当たり前(笑)。だいぶ前に当ブログが言及しておる(笑)。
★仲間由紀恵モンダイ : 昔の映画を見ています★
 なぜ仲間由紀恵は、あんなに美人なのに、<オンナを感じない>のか。
 いわゆるフェロモンがないのだろうか、みんなが言うように。
 彼女は、沖縄出身というのは、知っている。そうか、南国系?は、お色気なんて、微妙なニュアンス?とは縁がないのか?
 ということで、沖縄出身の女性芸能人・タレントを検索してみた。
新垣結衣:那覇市
国仲涼子:那覇市
黒木メイサ:名護市
仲間由紀恵:浦添市
満島ひかり(元Folder・元Folder5):鹿児島生まれ、沖縄育ち
山田優:沖縄市
安室奈美恵:那覇市
南沙織:嘉手納町
Kiroro:中頭郡読谷村
知花くらら:那覇市
 本来、お色気ありそう?系なはずの、黒木メイサも、満島ひかりも、見事に、フェロモンゼロ系?じゃあありませんか。国仲涼子なんて、はかなげ系?なのに、色気ゼロ。知花くららも、ミス・ワールド・コンテスト出身らしく?大雑把で、ニュアンス少なし。
 沖縄は、セクシーゼロ系地帯なのか。オンナのカロリーゼロ系か。
 南国のせいか。それとも、沖縄にめったやたらと多いときく、左翼性?のせいか?(笑)
 左翼は、セクシーさとか、ニュアンスとか、微妙な感情の間合いを否定しますからね(笑)。
 あるいは、あらゆる意味(歴史的・地理的)で中国に近いせいか。中国もまた、ニュアンスとか、微妙な感情の間合いを否定しますからね(笑)。これらの複合技で、沖縄出身タレントには、フェロモンがないのか(笑)。
 いや、偏見ではなくて、素朴な疑問で。(以上、抜粋引用)

 セクシーな沖縄出身タレントがいたら、ゼヒご紹介いただきたい(笑)。

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


J・J・エイブラムス「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

2015/12/28 02:36
 15年、アメリカ。ディズニー/ルーカス・フィルム。
 うーん。なにこれ(笑)。
 大ヒットしているそうだから、言っちゃうけど、なんだかなあ(笑)。
<以下、完全ネタバレ>
(画像右端見切れは画面上部タイトルをクリック)
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」予告編

スターウォーズ エピソード7 予告 (2015)

 この予告は、ハンソロなど抜きで、しかも、ホンペンには登場しない映像が垣間見れるような?
スターウォーズ全エピソード1.2.3.4.5.6.7予告編


 まず、ぼくはこのシリーズのファンでもコアなマニアでもない。ただただ、楽しい映画を見たいわけだが。結局、よくよく考えてみると、いわゆる、ホントウの最初の二作目以降は、レジェンドの余熱で見たものの、ホントウの最初の一作目のみが快作であったのだ、と、わかってしまうわけだ。

 ハンソロ、レイア姫、ルーク・スカイウォーカーが登場することもあり、お話的には、いわゆる、ホントウの最初の一作目の、再利用以上でも以下でも、ない。いかに芸がないか、いかに1作目が優れていたか、あるいは、あの1作目は、もともと黒沢明「隠し砦の三悪人」の、マルぱくりとして、一種の骨太な構成を「維持」していたのだが、それ以降の展開が、パクリ抜きで、構築できなかったのか。

 そもそもジョージ・ルーカスは、ビギナーズラックというか、「奇跡の一枚」というか、ホントウの最初の一作目の出来は、まあ、よかったが、その後のシリーズ演出は、迷走。
 こんなヘタな演出家は、ソウソウいないぜ、という下手を打ち続ける。
 ヒーローとヒロインが、草原を抱き合いつつ、ころころ転がるなんて、しかも、めっちゃくちゃ下手な演出で、何十年古いんだよう、という。
 今回、演出家が、まともになったので、それはそれでいいのだが、いかんせん、脚本がぐだぐだ。
 また、新人たちのキャストも、魅力は、薄い。オーラのない新人たちを見ていると、ちゃんと、オーディションやったのか、疑うレヴェル。
 悪役たちも、かつてのダースベイダーに、対抗も出来ない見劣りレヴェルで。
 最初のルーカスの構想、全9作で描くスペースオペラ、というハッタリが、いかにでたらめだったかが、丸わかりの、ぐだぐだ。ひどすぎ。
 たった一つよかったのは、丸型でころころ転がる新ドロイドか。
 たしかに、R2D2や、C3POでは、動きがのんびりしすぎて、今風の急激アクションには、対応できまい。この改変は、必然だろう。

 公開直前の、心温まりエピソード。死期が近いスターウォーズファン。公開までに死んでしまうため、新作が見れない。これに呼応して、新作を特別に見せ、そして天に旅立った、という。
 しかし、次回作を予言させる、ラストのマーク・ハミル登場に、かの方は、心乱れはしなかったのか(笑)。うーん。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★



シンクウェイ・トイズ スター・ウォーズ/フォースの覚醒 シンクウェイ・トイズ スマートロボット R2-D2 再販【未定予約】
でじたみん 楽天市場店
発売予定日入荷日未定メーカーシンクウェイ・トイズ登場作品STAR WARS商品詳細世界トップクラスの

楽天市場 by シンクウェイ・トイズ スター・ウォーズ/フォースの覚醒 シンクウェイ・トイズ スマートロボット R2-D2 再販【未定予約】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

カイロ レン コスチューム コスプレ スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒 大人 男性 衣装 仮装
アカムス楽天市場店
【スターウォーズ フォースの覚醒 カイロ・レン 大人男性 衣装】予約販売についてはこちらスター・ウォ

楽天市場 by カイロ レン コスチューム コスプレ スターウォーズ エピソード7 フォースの覚醒 大人 男性 衣装 仮装 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


あいかわらずバカだね民主党(笑)

2015/12/03 23:18
★民主が野党統一候補を検討 参院選1人区共闘呼びかけへ:朝日新聞デジタル★
 民主党は、来夏の参院選で、複数の1人区で無所属の「野党統一候補」を立て、各党に共闘を呼びかける方針を固めた
政党色をなくすことで共産党や維新の党からも支援を得やすくし、与党に対抗するのが狙いだ。まず来年4月の衆院北海道5区補選を試金石と位置付け、野党候補の一本化をめざす。
 「公認にこだわらず、市民が中心になって擁立する候補を応援する形がかなり出てくる」。民主の岡田克也代表は最近、こうした発信を繰り返している。念頭にあるのは無所属の野党統一候補だ。政党色をなくせば、共産や維新などと連携し、対与党の協力態勢を組みやすいと考えるからだ。
 統一候補は、野党各党で一致できる「安全保障法制は憲法違反」などを公約に掲げ、市民団体からの支援も想定する。民主の枝野幸男幹事長ら野党5党の幹部は11月中旬、学生団体「SEALDs(シールズ)」などの関係者と会談。この際、団体側から「(独自に)候補を立て各党に推薦を呼びかける」との提案も受けていた。(引用終わり)

 つまり、この方式では、現役民主党、共産党所属議員は、立候補できない。
 議員でない、それぞれの党員も、立候補できない。
 どうしても立候補したければ、離党しなければならない。そういうことでしょ。
 しかも、各政党は、それぞれの候補者を、「公認」出来ないはず。「公認」したら、隠れ民主党、隠れ共産党で、無所属じゃない、と批判される。
 万が一当選後に、すばやく「復党」したらしたで「隠れ無所属」「有権者を裏切った」と、批判される。
 もしこの作戦が成功したとしても、ただ単に、膨大な無所属議員が誕生するだけで、会派を組んだとしても、国会投票権は確保できるかもしれないが、単なる烏合の衆だよね。
 唯一のメリットは、成功すれば自民党勢力を減らせることか。
 でも、常識的に考えて、この作戦が成功するとは、到底思えない。
 筋金入りの、共産党員など、隠れ無所属に、モチベーション湧くのか(笑)。
 単に民主党や朝日の劣化を示すヨタ記事かと。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


佐藤信介「図書館戦争 THE LAST MISSION」の奇妙

2015/10/23 06:59
 当ブログに書いた★前作の感想★を、改めて読み返してみると、結構、ほめているなあ。
 前作も本作も見に行った理由は、タダひとつ。アクション俳優としての岡田准一だ。
 ただし、どちらの映画でも、銃撃戦が主で、岡田の個人技披露の時間は、きわめて、少ないのが、不満で。
 しかし、きわめて実践向きの決め打ちアクションだから、ハリウッド流の「見せるためのアクション」に、なっていないのは、ちょっと残念。
 あまりにすばやく、しかも地味な実践的な決め技なので、見てるほうは、ただただあっけにとられるだけ、エンターティンメントとしてのアクションに昇華していないので、ちょっと、物足りなさが、残る。
 「見せる工夫」の演出が足りないので、消化不良気味。
 ただし、それでも岡田准一は、グッド。もっと、本格的なアクション映画で、ちゃんと使われている岡田を見たい、という「片思い」は、今回も、果たせぬままだが。

(画像右端見切れは画面上部タイトルをクリック)
映画「図書館戦争 THE LAST MISSION」予告動画


 ヒロイン栄倉奈々は、さわやかだが、笑顔以外の彼女の魅力は、いささか薄い? でも、まあ、こういう、クセのない女優さんの良さというのも、あるのだが。
 しかし、よりモンダイなのは、この映画の世界観というか、戦争感だ。
 いささかクラシカルな少女趣味の、初恋物語と、奇妙に同居する戦争映画。

 時間は何時から何時まで、戦闘地域は図書館敷地内に限定、使用銃器は、相手を怪我させることは出来、まれに死亡するが、即死させる威力はない。

 現実のリアルな戦闘というより、戦闘ゲームに、近い。
 トイソルジャーというか、戦争ごっこというか、本を奪い合う戦争だから、文字通りのペーパー戦争映画か。
 クレジットの下のほうに「海外セールス担当」というポジションがあったが、こんなご清潔な戦争映画が、リアルでダーティーな戦争を、現実に経験している諸国に、売れるとおもっているのだろうか。
 せいぜい日本的少女趣味を解する、台湾くらいじゃないか(笑)。

 スイーツ系戦争映画という、奇妙な、きわめて日本的な、ガラパゴス映画。
 それが国内興行成績で、その週の1位になる、奇妙さ。うーん。
 
★Movie Walker★に、詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


これは大快作だ!「キングスマン」

2015/10/13 04:50
 14年、イギリス、配給KADOKAWA。
 いやあ、笑った、笑った。すごいなあ(笑)。ネットで誰かが言っていたのに、まったく同意!↓
 「マッドマックス」がなければ、外国映画エンターティンメント部門ベストワン!(笑)。
 007+タランティーノ+モンティパイソン+キューブリック+オースティン・パワーズ+ナポレオン・ソロの、大快作だ。
 つまり、めったにないことだが、いいとこ取りの大勝利!
 映画ファンなら、興奮、爆笑必至!
 劇場公開は、もうすぐ、終わる! 早く、見に行け!(笑)

 ↓この予告に、だまされるな。この予告とは、まったく違うおばか映画なのだ(笑)。
(画像右端見切れは画面上部タイトルをクリック)
映画『キングスマン』予告編


 なお、かのマーク・ハミル、マイケル・ケインが、出演している点も、オールドファンには、うれしい。

 ところで、マシュー・ボーン「KINGSMAN:THE SECRET SERVICE」の原題には、サブタイトルがついているのに、邦題は、なぜ「キングスマン」のみなのか。
 「キングスマン」だけでは、まるで単館系のアート映画みたいでは、ないか。基本、こんなにそっけないタイトルの映画は、日本では、ヒットしない。何とか、気の利いたサブタイを付けられなかったものか。つくづく日本の洋画系配給会社の、クオリティは、数十年前に比べて劣化しているものだ。
 ただし、昔と違って、今はアメリカの映画会社と、ガチガチの契約を結んでいるので、安易な「改変」は出来ない、という制約があろう。しかし、その清で、こういう「ビミョーに、内容とタイトルイメージがずれている場合」の「補正」ができず、なまじ集客効果を減じている例もあるわけだ。

 悪役サミエル・ジャクソンが、言う。
「スパイ映画は好きか」
 ヒーロースパイ、コリン・ファース(にしては、掟破りの扱い)は、
「最近のシリアスなものは、好きじゃない」

 つまり、シリアスでないスパイモノを狙い、たとえばオーダーメイドの洋服屋の地下に、スパイ組織の巨大アジトが、あるとか。
 かつての英国紳士の必須アイテム?こうもり傘が、武器となり、その傘型武器を選んだ新人に、「いい選択だ」といったり。
 基本007をコメディに。しかし「オースティン・パワーズ」ほどアメリカンにならず、渋い英国調も維持(笑)。
 そこにタランティーノ風の映画ネタを多数ぶち込み(ただしタランティーノのセンスはない、ダサさが欠点)、キューブリックのパクリ(いや、「援用」を二点ほど)、モンティパイソンのシモネタ志向、コラージュ感覚、英国調ナンセンスを全篇にまぶし、さらにスプラッタ映画の趣向もあり。
 まあ、もちろん、個々のレヴェルは、いささか格落ちなのは認めるが(だから大傑作とならず、大快作で) その膨大な合わせ技で、これは必見の大ゴチソウ作に昇格!
 つまり脚本がいささか弱いのだが、同時に脚本の勝利でもあるという。
 思い起こしてみれば「スターウォーズ」「サンダーバード」の名場面を想起させるものもあり、なんだ、超合い挽き肉のハンバーグ映画じゃないか(笑)。しかも英国風ハンバーグって(笑)。
 なお「ナポレオン・ソロ」だが、年内に日本公開される「コードネーム アンクル」は、そのリメイク映画版。こちらも楽しみだ。

 ただ、こんな幸福なハンバーグ映画も、ないなあ、と。多数の突っ込みどころを、美点とともに楽しむ映画
 
★Movie Walker★に、詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


堤幸彦「天空の蜂」素晴らしいか凡作か

2015/10/05 00:28
 「天空の蜂」の予告は、たびたび映画館で目にしていたが、イマイチ食指が動かず、しかもたまたま目にした「わくわく CINEMA PARADISE 映画評論家・高澤瑛一のシネマ・エッセイ」なるブログでも、否定的な感想だった。
 これは、見に行くほどでもないかな、というところだった。
 ところがナドレックさん「映画のブログ」では、冒頭に「素晴らしい!」と、エクスクラメーションマーク付き!
 むむっ!(笑) ひそかに尊敬するナドレックさんが素晴らしいというからには、たぶん、素晴らしいに違いない(笑)。
 果たして、高澤瑛一VSナドレック、どちらが正しいのやら。俄然興味がわきだし、見てまいりました。

 結果は、果たして。結論から、言いましょう。ジャンル映画の基本を抑えて、きっちり楽しませてくれる極上エンターティンメント。私は、ナドレックさんに、軍配を上げます。
 では、ここで、高澤の意見を、改めて「検証」して見ます。以下、勝手に引用します。

 脚本を手がけた楠野一郎は、この作品をある意味で怪獣映画だと捉えていたという。ビッグB対新陽という怪獣の激突映画だと。そういう面では、壮大なスペクタクルになっている。
                    ※
 まさに怪獣激突映画ではあるが、それだけにドラマ展開に不満が残る。出演者たちのオーバー・アクト、絶叫調のセリフのやりとり、大袈裟な音楽の使用(音楽:リチャード・プリン)。実行犯の主張“すべての原発の破棄”はアクチュアルだが、スペクタクルに主眼を置くだけに原発問題の論点が曖昧になってしまった。とりわけ、成人した高彦(向井理)が自衛隊員となり、2011年の東日本大震災で人命救助をするという結末は余計なことでは?と思われる。もっと粛々と(??)、静かなタッチで緊張感を盛り上げていくドラマ作りが出来なかったものか。結果、あざといパニック・スペクタクルになってしまった。(★★★)(引用終わり)

>まさに怪獣激突映画ではあるが、それだけにドラマ展開に不満が残る。出演者たちのオーバー・アクト、絶叫調のセリフのやりとり、大袈裟な音楽の使用(音楽:リチャード・プリン)。

 非日常な「怪獣映画」に、過剰・大げさな対応は、むしろ当たり前だのクラッカーでしょう。この非常時に「静かな演劇」を求める必要が、あるのでしょうか。

>実行犯の主張“すべての原発の破棄”はアクチュアルだが、スペクタクルに主眼を置くだけに原発問題の論点が曖昧になってしまった。

 いや、これは、純粋なスペクタクルなのだから、原発問題の論点なんて、「背景の一つ」でしょう。「背景の一つ」なんだから、フォーカスを、あえてはずして、「曖昧」なのは、当たり前で。

>もっと粛々と(??)、静かなタッチで緊張感を盛り上げていくドラマ作りが出来なかったものか。結果、あざといパニック・スペクタクルになってしまった。

 すべての「パニック・スペクタクル」は「あざとい」のでは。むしろ「あざとさ」こそ「パニック・スペクタクル」の、キモ、なのでは。
パニック映画とは、「静かなタッチで緊張感を盛り上げていくドラマ作り」とは、真逆にサスペンスを求めていくはずですよね。なんでしょう、このとんちんかん。
 高澤は、映画会社に勤務ののち、プロの映画評論家になった、ということだが、ジャンル映画の規範を、まったくわかっていない、ないものねだりというしかない。
 おそらく高澤は、本作が「明確に原発を否定していない、なぜならば、それはジャンル映画の必須条件ではないから」という点に不満なんでしょう。
 ナドレックさんのブログによれば、この映画の監督は、聡明に、それを理解している。
 しかし高澤は、あいも変わらず「映画の行間」に不満を持って、「映画そのもの」を見ようとしない。不幸なことだとおもいます。

 と、さんざん人の感想にけちをつけてばかりで、自分の感想を書かないできましたが(笑)。
 きっちりと、快作だとおもいました。
 特に少年救出シークエンスの素晴らしさ。
 原発「新陽」所長・國村隼が、電話で、上司・石橋蓮司と対峙するショットで、なんと、ヒッチコック発明の「トラックダウンしつつズームアップする」テクが使われていて、その素晴らしさに、アゼン(笑)。
 普通このテク、「トラックダウンしつつズームアップする」なんて、イマドキ使ったら、失笑もんだよ、というくらい、手垢がついた手法で、どの映画でもどの映画でも失笑必須なのに、いやあ、この繊細な援用には、参りました(笑)。

 江口の妻に石橋けい(「女優霊」)、若くして白血病で亡くなった原発作業員の母に山口いづみ(TV「雑居時代」)というキャストも、ナイス。
 特別出演格の仲間由紀恵も、こういう地味な役で、いいなあ。美人なんだけど、地味な役が似合う似合う。しかし、かつて川島雄三が「若尾君をオンナにして見せます」といったように、だれか、仲間由紀恵を、オンナとして見せてくれる、監督は、いないものか(笑)。

 なお、犯人のひとりに元自衛隊員がいたためか、この手の映画としては、珍しく?自衛隊が協力していないのが、珍(笑)。

(画像右端見切れは画面上部タイトルをクリック)
映画『天空の蜂』本編映像


PS純金 「天空の蜂」江口洋介&本木雅弘 名古屋でらウマツアー 20150911


★Movie Walker★に、詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


BlendyのCMが炎上中?

2015/10/03 22:38
 今日のネットの話題で、あっと驚く(笑)。

(ネットニュースより)AGF(味の素ゼネラルフーヅ)が昨年11月に公開したブレンディのCM「挽きたてカフェオレ『旅立ち』篇」が、現在になって物議を醸しています。
 こちらは、特濃牛乳を使用した同商品の魅力を“卒牛式”(擬人化した牛たちの進路発表会)で表現したというもの。そこでは校長先生の卒牛証書授与の声とともに生徒たちの進路が次々と発表されていきます。農場、動物園、ロデオパーク……希望通りの道へ歩める者がいる一方で、製肉メーカーらしきところを告げられ絶叫する子の姿も。
 そして、最後に告げられたのが主人公のウシ子。彼女は特別な存在になるために誰よりも努力をしてきたという設定で、その進路こそがブレンディ。夢を叶え涙ぐむウシ子に「濃い牛乳を出し続けるんだよ」と校長がエールをおくり、会場が拍手と歓声に包まれたところで幕が下ります。
 こうしたストーリーに加え、「生徒全員が鼻輪をつけている」「名前ではなく番号で呼ばれる」「主人公の胸が大きいことを強調している」などの演出があることから、「マジでヤバい」「相当キテいる」「日本社会のパロディだとしても、風刺効き過ぎで見ていて辛いレベル」など批判するユーザーが続出。一方で「アートとして優れている」「クオリティは高い」といった意見もあり、かんかんがくがくの議論となっています。
 同CMは電通とワサビが制作。今年9月に開催された大手広告賞「スパイクスアジア 2015」のフィルム部門では銅賞を獲得しました。昨年の発表時は特設サイトでしか視聴できなかったせいか、今のような反響はなかったのですが、スパイクスアジアへのエントリーに伴い英語字幕版が公開。それにより海外で話題になり、逆輸入するかたちで9月末から国内でも注目を集めています。なお、続編にウシ子の社会人生活を描いた「出会い編」があります。(引用終わり)

Blendy 特濃ムービーシアター「旅立ち」篇


 いやあ、これはヤバいっしょ(笑)。
 二つの考え方があろう。
 海外欧米CMには、ブラックジョークの伝統があり、その基準では、これは「秀作」かもしれない。
 しかし、同時に人種差別、動物虐待などに対する規制も厳しい。これは、その点で、欧米でも、確実にアウトだろう。いや、欧米こそ、牛さんたち大量虐殺の本家本元だから、この点はビミョーか(笑)。欧米でこそ、許容範囲かもしれん(笑)。
 ヒロイン→「成分」?が「薄い」からブレンディ就職はムリ?→特訓?→巨乳化→合格、というのも、なんだかなあ(笑)。
 しかも「濃い牛乳を出し続けるんだよ」なんて、セクハラの極致では、ないですか(笑)。

 これが、いっこのアート作品としては、ブラックユーモアとしてOKかもしれんが、CMとしては、果たしていかがなものか、という。これ見て、買う気に慣れるのか、ブレンディ。
 むしろブラックユーモアだけに、ミルク抜きコーヒーのCMでこそ、こういう展開を見てみたかった(笑)。
 しかし、こういうCMをあえて出した以上、ブレンディも、ぶれずに、撤回なぞしないでほしいな。
 ブレンディは、(方針)ぶれんでぃ、てなことで(笑)。

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


黒沢清「Seventh Code セブンス・コード」「ビューティフル・ニュー・ベイエリア・プロ

2015/10/01 12:55
 渋谷にて。「カンヌ凱旋 黒沢清レトロスペクティブ」特集。13年、各社。
 この、60分の中篇と、29分の短篇の2本立て、いやあ、なかなか面白かった(笑)。いずれもデジタル素材。
 以下、本当にホントウのネタバレあり未見の方は絶対読まぬこと(笑)。

画像
『Seventh Code セブンス・コード(DVD)』公開:2013年 <渋谷シネマヴェーラHPより>
監督:黒沢清
主演:前田敦子、鈴木亮平、アイシー、山本浩司
東京で知り合った男・松永を追いかけてウラジオストクにやってきた秋子は…。MVから映画化され、ローマ国際映画祭で最優秀監督賞を受賞したサスペンス。黒沢も大絶賛する女優・前田敦子の信じられないような超絶アクションを見よ!©2013AKS

『ビューティフル・ニュー・ベイエリア・プロジェクト(Blu-ray)』公開:2013年 <渋谷シネマヴェーラHPより>
監督:黒沢清
主演:三田真央、柄本佑、森下じんせい
湾岸地帯の再開発を狙う会社社長が港湾労働者の高子に一目惚れするが…。次々現れる敵と高子の戦いに突入する怒涛の展開から目が離せない! 黒沢清初のアクション映画にしてシネスコ作品。

映画『Seventh Code : セブンスコード』予告編
2014.1.11(Sat)シネクイント他にて1週間限定公開


東京芸大大学院映画専攻 7期修了作品展 7/6〜7/19 渋谷ユーロスペース

 最後に『ビューティフル・ニュー・ベイエリア・プロジェクト』の予告あり。

 この、同じ年に撮られた2本は、ともに同じ属性を持つ。
 前半は、かなりぐだぐだの人間ドラマ。
 後半は、前半のシリアス?ドラマ調から、アクション映画に、一気に、移行する変調。
 「Seventh Code セブンス・コード」の、パッパラパーの尻軽バカ娘・前田敦子が、実はバカ娘を装った、独立エージェントだった、とか。
 「ビューティフル・ニュー・ベイエリア・プロジェクト」の、ガテン女子・三田真央が、実はスーパー格闘家だったとか。
 例によって、黒沢清映画の常として、
 面白いといえば、面白い。
 つまらないといえば、つまらない。

と、いう二言に、尽きる。
 二作とも、前半の人間ドラマ(風?)が、あまりに、ぐだぐだすぎる。
 その、人間ドラマ風の、悩み多き女の子たちが、後半一気に、アクション・ヒロインに「昇華」する意外性を狙ったのだろうが、うーん、なんとも「凡庸」な(笑)。
 凡庸さを毛嫌いするハスミちぇんちぇいの一番弟子として、いいのか、この凡庸さは(笑)。
 おそらく、黒沢の狙い目としては、真っ当な人間ドラマ、ないしはメロドラマのセオリーに従った通俗メロ、として、前半をやり過ごし、後半一気に畑違いのアクション映画に移行して、一粒で二度おいしいシチュを狙ったのだろう。
 なのだが、たぶん、黒沢は、正統派メロドラマがヘタ(笑)。
 あまりにヘタすぎて、後段のアクション落ちも、ぐだぐだに。
 快作・珍品を狙ったのだろうが、凡庸な映画作家には、怪作・珍品は、撮れない(笑)。よって、本作たちは、当ブログの怪作・珍品の谷への、入門?は、認めない(笑)。残念。

しかし、この二作品の構造は、アレと似ている(笑)。
 最初は楚々とした女の子のドラマ風が展開され、しかし、最後は、あんなこともこんなことも、バッコンバッコンやっちゃうAVモノ。こういうのこそ、もっと繊細に(笑)やってくれないとね(笑)。
 きゃしゃな前田敦子が、意外にアクション女優としての資質を発揮。シホエツに匹敵するアクション能力に、目を見張る。
 三田真央も、普通に美人女優だが、その身体能力は、素晴らしい。ただ、キレという点では、マエアツに、劣るのは、明らか。
 しかし、このふたりが、ガタイや体重の点で男性敵役に劣るのも、明らか。にしては、男性に勝つ必然性を、演出は、おろそかにした。残念。
 前田敦子、三田真央、黒沢ではない、しかるべき(笑)演出家に出会えば、アクション・ヒロインとして、輝くだろう逸材だ。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


これはひどい、安保国会

2015/09/19 00:08
 民主党一味は、女性議員を動員して、昔懐かしいピンク鉢巻で、セクハラ作戦に出たが、
以下の証拠映像をまずは、ごらんあれ。

★【安保法案】自民・大沼瑞穂参院議員(36)が民主・津田議員に後ろから羽交い締めされた上、引き倒されるなどの暴行★
 17日夜の参院平和安全法制特別委員会での安全保障関連法案の採決の際、自民党の大沼瑞穂参院議員(36)が、民主党の津田弥太郎参院議員(63)に後ろから羽交い締めされた上、引き倒されるなどの暴行を受け、けがをしていたことが18日、分かった。
画像 大沼氏が被害にあったのは、大混乱となった委員長席周辺ではなく、偶発的な暴行が起きる可能性は少ない。
大沼氏は産経新聞の取材に対し、「想像を絶する暴力的セクハラ行為に非常にショックを受けている。津田氏から何の謝罪もない」と話した。
 大沼氏によると、参院第1委員会室で採決が行われた際、委員席の間の通路に立っていた。すると突然、津田氏に背後から羽交い締めにされて後ろに引き倒された。さらに両脇の下に腕を入れられ、後方の椅子に引きずられた。この後、津田氏は、大沼氏をいったん膝の上に乗せた上で床に投げ飛ばしたという。
 大沼氏は右手を床についた際、薬指と小指を突き指した。すでに病院で治療を受け、診断書も作成してもらったという。
 自民党執行部は、事態を重く見て、津田氏の告訴を含めて対応を検討している。
 一方、産経新聞社は津田氏に取材を申し込んだが、17日午後4時までに回答しなかった。(産経新聞引用終わり)

画像 女性の権利を求めるリベラル左翼、民主党女性議員、自称平和派護憲主義者たちは、は、この民主党・津田弥太郎参院議員に、鉄槌を下すべきであろう。











民主党の津田弥太郎議員の自民党の大沼瑞穂議員に対する恐ろしい暴力

2015/09/18 に公開
民主党の津田弥太郎議員の自民党の大沼瑞穂議員への暴力は想像以上に恐ろしいものでし­た。さすがにこれは許されないのではないでしょうか。全然委員長席から離れた場所で、­何でそこまで圧倒的な暴力を振るうのかわかりません。ピンクの鉢巻きの野党の女性議員­はセクハラに関心があるようですが、ぜひ徹底的に真相を追及してください

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東アジア最大のヘイトスピーチ国は韓国だ

2015/08/16 12:15
★安倍首相の写真に火、ソウルの日本大使館前で抗議運動 (AFPBB News) - Yahoo!ニュース★
【8月16日 AFP】日本による朝鮮半島の植民地支配の終了から70周年となった15日、韓国・ソウル(Seoul)の日本大使館前で、抗議団体が安倍晋三(Shinzo Abe)首相の写真を貼ったプラカードに火を付け、抗議の声を上げた。(c)AFPBB News

 火病のきわみ。サッスーさんなども、大喜びかな(笑)。

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


絶賛!安倍晋三戦後70年談話

2015/08/14 23:37
 一読後、きわめてバランスの取れた、一種の「名文」と、思った。
 まだ、いち文一文を詳しく精査して読んだわけではないが、これはかなりの、「名文」と思う。
 先日のアメリカ両院議会における演説とも、共通する。
  まあ、中韓、朝日、毎日、東京、民主党、社民党、共産党は、どんな談話であろうと必ず反対するので、いや現時点で評価したとて、代が変わると、必ず批判し始めるので、もう、どうでも、よろしい。

安倍総理 戦後70年談話ノーカット


 きわめてクレバーな、真っ当な、テキストと考える。
 バカな向きからは、自分の言葉でお詫びの言葉を語っていない、というが、なんと言うバカなことを(笑)。
 一国の、百年に及ぶ「歴史」を、「一個人の自分らしい言葉」で、語ることは、一国の最高責任者の取るべき言葉では、ない。
 それでは、まるで「独裁者」を、求めているだけではないか(笑)。

 (以下、ネットから引用。一部、誤字がある模様)安倍内閣は14日夕の臨時閣議で戦後70年の談話を閣議決定し、安倍晋三首相は同日午後6時すぎに首相官邸で会見を行い談話を発表しました。会見(戦後70年談話)の全文は以下の通りです。
 8月は私たち日本人にしばし立ち止まることを求めます。今は遠い過去なのだとしても、過ぎ去った歴史に思いをいたすことを求めます。政治は歴史から未来への知恵を学ばなければなりません。
 戦後70年という大きな節目にあたって、先の大戦への道のり、戦後の歩み、20世紀という時代を振り返り、その教訓の中から未来に向けて、世界の中で日本がどういう道を進むべきか、深く思索し構想すべきであると、私はそう考えました。
 同時に、政治は歴史に謙虚でなければなりません。政治的、外交的な意図によって歴史が歪められるようなことが決してあってはならない。このことも私の強い信念であります。
 ですから、談話の作成に当たっては21世紀構想懇談会を開いて、有識者の皆さまに率直、かつ徹底的なご議論をいただきました。それぞれの視座や考え方は当然ながら異なります。しかし、そうした有識者の皆さんが熱のこもった議論を積み重ねた結果、一定の認識を共有できた。私はこの提言を歴史の声として受け止めたいと思います。そしてこの提言の上に立って、歴史から教訓をくみ取り、今後の目指すべき道を展望したいと思います。
 100年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は19世紀、アジアにも押し寄せました。その危機感が、日本にとって近代化の原動力となったことは間違いありません。アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は植民地支配の下にあった多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。
 世界を巻き込んだ第一次世界大戦を経て民族自決の動きが広がり、それまでの植民地化にブレーキがかかりました。この戦争は、1000万人もの戦死者を出す悲惨な戦争でありました。人々は平和を強く願い、国際連盟を創設し、不戦条約を生み出しました。戦争自体を違法化する新たな国際社会の潮流が生まれました。
 当初は日本も足並みを揃えました。しかし世界恐慌が発生し、欧米諸国が植民地経済を巻き込んだ経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。国内の政治システムはその歯止めたり得なかった。こうして日本は、世界の大勢を見失っていきました。
 満州事変、そして国際連盟からの脱退、日本は次第に、国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした新しい国際秩序への挑戦者となっていった。進むべき針路を誤り、戦争への道を進んでいきました。

 そして70年前、日本は敗戦しました。
 戦後70年にあたり、国内外に倒れたすべての人々の命の前に、深く頭を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫の哀悼の誠を捧げます。
 先の大戦では300余同胞の命が失われました。祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、戦陣に散った方々。終戦後、極寒の、あるいは灼熱の、遠い異境の地にあって、飢えや病に苦しみ亡くなられた方々。広島や長崎への原爆投下、東京をはじめ各都市での爆撃、沖縄における地上戦などによって、たくさんの市井の人々が無残にも犠牲となりました。
 戦火を交えた国々でも、将来ある若者たちの命が数知れず失われました。中国、東南アジア、太平洋の島々など、戦場となった地域では、戦闘のみならず食糧難などにより多くの無辜の民が苦しみ、犠牲となりました。戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも忘れてはなりません。
 何の罪もない人々に、計り知れない損害と苦痛をわが国が与えた事実、歴史とは実に取り返しのつかない苛烈なものです。1人ひとりにそれぞれの人生があり、夢があり、愛する家族があった。この当然の事実をかみしめる時、今なお、言葉を失い、ただただ断腸の念を禁じ得ません。
 これほどまでの尊い犠牲の上に現在の平和がある、これが戦後日本の原点であります。二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。

 事変、侵略、戦争、いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に決別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。先の大戦への深い悔悟の念と共に、わが国はそう誓いました。自由で民主的な国をつくり上げ、法の支配を重んじ、ひたすら不戦の誓いを堅持してまいりました。70年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たちは静かな誇り抱きながら、この不動の方針をこれからも貫いてまいります。
 わが国は先の大戦における行いについて、繰り返し痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました。その思いを実際の行動で示すため、インドネシア、フィリピンをはじめ東南アジアの国々、台湾、韓国、中国など隣人であるアジアの人々が歩んできた苦難の歴史を胸に刻み、戦後一環して、その平和と繁栄のために力を尽くしてきました。こうした歴代内閣の立場は、今後も揺るぎないものであります。
 ただ、私たちがいかなる努力を尽くそうとも、家族失った方々の悲しみ、戦火によって塗炭の苦しみを味わった人々の辛い記憶は、これからも決して癒えることはないでしょう。
 ですから私たちは心に留めなければなりません。戦後、600万人を超える引き揚げ者が、太平洋の各地から無事帰還でき、日本再建の原動力となった事実を。中国に置き去りにされた3000人近い日本人の子どもたちが無事成長し、再び祖国の土を踏むことができた事実を。米国や英国、オランダ、豪州などの元捕虜の皆さんが長年に渡り、日本を訪れ、互いの戦死者のために慰霊を続けてくれている事実を。
 戦争の苦痛をなめ尽くした中国人の皆さんや、日本軍によって耐えがたい苦痛を受けた元捕虜の皆さんが、それほど寛容であるためには、どれほどの心の葛藤があり、いかほどの努力が必要であったか。そのことに私たちは思いをいたさなければなりません。
 寛容の心によって日本は戦後、国際社会に復帰することができました。戦後の70年のこの機にあたり、わが国は和解のために力を尽くしてくださったすべての国々に、すべての方々に、心からの感謝の気持ちを表したいと思います。
 日本では戦後生まれの世代が、今や人口の8割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。
 しかしそれでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。
 私たちの親、そのまた親の世代が戦後の焼け野原、貧しさのどん底の中で命をつなぐことができた。そして現在の私たちの世代、さらに次の世代へと未来をつないでいくことができる、それは先人たちのたゆまぬ努力とともに、敵としてし烈に戦った米国、豪州、欧州諸国をはじめ、本当にたくさんの国々から、恩讐を超えて善意を支援の手が差し伸べられたお陰であります。そのことを私たちは未来へと語り継いでいかなければならない。
 歴史の教訓を深く胸に刻み、よりより未来を切り開いていく、アジアそして世界の平和と繁栄に力を尽くす、その大きな責任があります。
 私たちは、自らの行き詰まりを力によって打開しようとした過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、わが国はいかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、平和的、外交的に解決すべきである。この原則をこれからも堅く守り、世界の国々にも働きかけてまいります。唯一の戦争被爆国として、核兵器の不拡散と究極の廃絶を目指し、国際社会でその責任を果たしてまいります。
 私たちは20世紀において、戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去をこの胸に刻み続けます。だからこそ、わが国は、そうした女性の心に常に寄り沿う国でありたい。21世紀こそ女性の人権が傷つけられることのない世紀とするために、世界をリードしてまいります。
 私たちは経済のブロック化が紛争の芽を育てた過去をこの胸に刻み続けます。だからこそ、わが国は、いかなる国の恣意にも左右されない、自由で公正で開かれた国際経済システムを発展させ、途上国支援を強化し、世界のさらなる繁栄を牽引してまいります。繁栄こそ平和の礎です。暴力の温床ともなる貧困に立ち向かい、世界のあらゆる人々に医療と教育、自立の機会を提供するため、一層力を尽くしてまいります。
 私たちは国際秩序への挑戦者となってしまった過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、わが国は、自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、積極的平和主義の旗を高く掲げ、これまで以上に貢献してまいります。
 戦後80年、90年、さらには100年に向けて、そのような日本を国民の皆さまとともにつくりあげていく、その決意であります。
 以上が私たちが歴史から学ぶべき、未来への知恵であろうと考えております。
 21世紀構想懇談会の提言を歴史の声として受け止めたいと申し上げました。同時に私たちは歴史に対して謙虚でなければなりません。謙虚な姿勢とは、果たして聞き漏らした声がほかにもあるのではないかと、常に歴史を見つめ続ける態度であると考えます。
 私はこれからも謙虚に歴史の声に耳を傾けながら、未来への知恵を学んでいく、そうした姿勢を持ち続けていきたいと考えています。(引用終わり)

 以下は、必ずも全面的に同意しないが、2ちゃんで見かけた感想。

199 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載は禁止 :2015/08/14(金) 21:52:01.17 ID:pMDbkXPP
涙を流しながら見ていました
総理の心情を思うと ううです
人間の大きさ器の違いがわかりました
だれかって 保身に走る村山
主語がないとかケチをつけていましたが
村山談話は誤るだけで、未来のビジョンがありません。
安部談話は、過去の過ちを反省するとともに、これから過ちを犯しそうな国
今犯している国を牽制しています。
官僚文章の傑作といえます。
左翼は強く批判できない内容ですし、負け惜しみにしか聞けないコメントを
共産、民主、社民がだしています。特に吉田なんとなんか、教養がなくいかにも
労働組合の何でも反対路線です。こんな人間に税金は払いたくないね (引用終わり)

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ひどい(怒)ザ民主党の土下座外交

2015/08/13 22:17
 ひどい。ひどいなあ民主党。馬鹿ルーピー。

画像
ひざまづいて謝罪 韓国で鳩山元首相
【ソウル=名村隆寛】韓国を訪問中の鳩山由紀夫元首相は12日、
ソウル市内にある西大門刑務所の跡地(西大門刑務所歴史館)を訪問した。
同刑務所は、日本の朝鮮半島統治時代に独立活動家らが収監されていた場所で、韓国では“抗日”の象徴。
現在は独立活動家らの「苦難の歴史」が、写真や資料で館内に展示されている。
画像
 30分あまりにわたって館内を見学した鳩山氏は、独立活動家らをしのぶモニュメントに献花した。
さらに、鳩山氏は靴を脱ぎ、膝を屈したうえ、モニュメントに向かって手を合わせ、ぬかずいた。
 この後、記者会見した鳩山氏は、
「元日本の総理として、ひとりの日本人、人間としてここに来ました」と述べた。
その上で、「日本が貴国(韓国)を植民統治していた時代に、独立運動家らをここに収容し、
拷問というひどい刑を与え命を奪ったことを聞き、心から申し訳なく思っている。
心から申し訳なく、おわびの気持ちをささげていきたい」と謝罪の言葉を繰り返した。

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


すごいぞ富士山

2015/07/12 08:32
★14年ぶり成功「最も遠い距離」から富士山撮影 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)★ 2015年06月29日 14時50分
 富士山(3776メートル)から322・9キロ離れた和歌山県那智勝浦町の色川富士見峠で、奈良県天理市の住職新林正真さん(46)が富士山の写真撮影に成功した。
 「富士山可視マップ」を作製した田代博・日本地図センター常務理事(65)によると、同峠は富士山が見える最も遠い「最遠望距離」に位置するとされ、撮影成功は2001年9月以来2例目という。
 新林さんによると、28日午前4時10分頃、同峠の標高約900メートルの地点から撮影。撮影場所付近の空には薄雲がかかった時間帯もあったが、関東は晴れて空気が澄んでおり、条件に恵まれたという。
画像

和歌山県那智勝浦町の色川富士見峠から撮影された富士山(28日)=新林正真さん提供(焦点距離500ミリレンズ、露出時間30秒、絞りF9、感度ISO200で撮影)

◎おまけ(笑)◎【国会】辻元清美『安保法制と新国立競技場がダブって見える』 安倍総理『ザハ案は民主党政権が決めた』 平成27年7月10日

2015/07/09 に公開
国会 正論!素晴らしい質疑 小川教授が集団的自衛権の必要性 最新の面白い国会中継

すげえ・・・維新足立が民主党を完膚なきまで叩き潰す!安倍総理が敬意を表した珍国会!足立康史(維新の党)・安倍総理「喧嘩ヤジに『ウルセー!』と反発」国会中継・衆議院厚生労働委員会【ザ・社会問題 #31】


★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

2015/07/09 22:41
 MAD MAX: FURY ROAD 15年、アメリカ、配給ワーナー・ブラザース映画。2D字幕版にて。
 いやー、とんでもないノンストップ・アクション傑作だ!
 ゼヒ、大画面で見るべき。ジョージ・ミラー監督。
 一切の無駄な描写を省いた、限りなく体脂肪ゼロの映画、そして同時に、限りなく贅をつくしたゴージャスな映画。
 そんな二律背反を、涼しい顔で実現してしまう、稀代の傑作である。
 石油や水が貴重な世界で、かえって貴重化したゆえに、非効率的な大量放出、その贅をつくしたポトラッチ、いくら絶賛してもし足りない。圧倒的な美、圧倒的な物量、圧倒的なアクション、素晴らしい! 

 ジョージ・ミラー、70歳、なのに、まったく枯れていないし、パワー全開。さすが、大英帝国からの遠島島流しの犯罪人の末裔であり、原住民アボリジニを、バンバン「民族浄化」して、ほぼ絶滅させた、肉食人種だけのことはある(笑)。

(画像右端見切れは画面上部タイトルをクリック)
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』予告編

【ネタバレ注意】映画『マッドマックス怒りのデスロード』町山智浩の評価と感想

宇多丸が『マッドマックス特集』を語る

宇多丸 語り足りない!「マッドマックス 怒りのデスロード」高橋ヨシキ


 マッドマックス役トム・ハーディが、いささか、線が細い。オーラが、ない。
 いろいろな映画に主演する注目俳優らしいが、オーラが、ない。それも、この映画に、合っている。
 実は、この映画、中学生以上の男子必見のヴァイオレンス映画なのにもかかわらず、妙にフェミニンなのね(笑)。
 マッドマックス以上のヒロインでもある、シャーリーズ・セロンなのだが、女マッチョであると同時に、女らしい「調整能力」も残す、きわめて(女/男融合の)ハイブリット。
 そう、この映画は、中学生男子以上の、男必見の映画であると同時に、実は女性も楽しめる映画なのだ。
 セロン、ひらひら薄絹のセクシー美女たちだけではなく、女系部族のばあちゃんライダー/戦士たちも活躍する、女たちのドラマでもある。
 マッチョとフェミニンの融合。そういうハイブリッドが、この映画のキモであり、だから、線が細いトム・ハーディが、意外に、映えるのだ。
 そういえば、ジョージ・ミラー、昔から、ばあちゃん、プッシュしていたよなあ。

 今年、この映画を見ずして、映画ファンを、名乗っては、いけない。そういう映画。

★Movie Walker★に、詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


女優・男優TOP30(2015年)から妄想「海街diary」続編

2015/06/26 00:40
 日経エンタテインメントを、紹介したぴくちゃあ通信を見て。

★女優TOP30(2015年) -ぴくちゃあ通信★
 綾瀬はるか不動の一位。うーん。綾瀬好きとしても、この位置は、綾瀬にとっては、どうなんでしょう。
 最近、ぼく的には、ほとんど見ていない堀北真希、ずいぶん美人になったけど、この2位は、1位との差がかなり、大きいと、見たが。
 是枝裕和「海街diary」が、もし東宝完全主導の映画だったら、三女は、堀北真希にすべきだった(笑)。なら、完璧な2015年の四姉妹映画になったのでは、ないか。
 菅野美穂は、ベストテン常連だが、露出がなく、順位を落とした。わかりやすい。
 剛力彩芽、完全ランク外じゃないですか(笑)。なんでTVドラマで主演が続いているのだろ(笑)。
 満島ひかりも、完全ランク外。まあ、かわいいのに、その可愛さが、人をイラつかせる方向に行く女優だから、わからないでもないが。

★男優TOP30(2015年)-ぴくちゃあ通信★
 1位は不動の阿部ちゃんだが。
 上位30に、ジャニーズ系が16もランクインという、「異常」。この、ジャニーズ票がバラけたために、阿部ちゃんが1位に、収まっている、と見るのは、偏見か。いや。もちろんぼくも阿部ちゃんは、大好きなんだけど。
 不動の総理は安倍ちゃん、不動の男優も阿部ちゃん、うーん、時代は、なんとなく符合している?

 是枝裕和は「海街diary」の続編にすぐに、取り掛かるべきだろう。
 個人的には、あの四姉妹と、阿部寛・堺雅人・岡田准一・若手の誰か、の四兄弟との、ラブコメ的なものを作れば、大ヒット間違いなしじゃないか(笑)。
 四兄弟の父親は、実は全部違い、阿部寛の父親に香川照之老け役、堺雅人の父親にクリソツの小日向文世、岡田准一の父親に佐藤浩市、若手末っ子の父親に、スマップか嵐の誰か、そして母親は吉永小百合か松坂慶子か(笑)。なら、もうヒットは約束されたも、同然(笑)。

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ネット左翼の欺瞞

2015/06/24 22:16
 「尖閣日本領」欧州の地図 主張覆す という、ネットニュース記事を見つけて、その記事に、飛んでみると、
★「尖閣日本領」欧州の地図 日清戦争より前、中国主張を否定する資料★
(抜粋引用)尖閣諸島(沖縄県石垣市)を日本領と記した19世紀後半の英国、ドイツ製地図が現存していることが明らかになった。いずれも日清戦争(1894?95年)前の地図で、中国側の「日清戦争を通じて、日本が尖閣を奪った」とする主張を覆す資料がまた新たに見つかった。(引用終わり)

 と。ナニ、これ(笑)。
 ふつう「尖閣日本領」欧州の地図 主張覆すというタイトルだけ読めば、日本の主張が、覆される、としか読めない。しかし、事実は、尖閣は日本領という記事なのだ。
 ナニ、これ。まったく真逆に誤誘導する、さすが、左翼の捏造体質そのものではあ〜りませんか(笑)。
 うーん、油断ならない(笑)。

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日本の不思議〜感情論だけの護憲派

2015/06/21 12:55
 当ブログで、一コ前の駄文が、

日本映画の不思議〜中村義洋「予告犯」
(大幅な抜粋引用)日本映画のサスペンス/ミステリ映画は、しばしば事件の陰に悲劇あり、の因果応報で、過去の悲劇が、引き起こした犯罪を題材にすることを好む傾向があり、それはそれで特に問題はないのだが。
 問題は、ない、のだが、しかし、それに必ず涙を絡めるといいますか、客を泣かせに走る、といいますか、客の涙を誘って、映画を締める、というのが、確かにぼくも涙ぐみつつ、いやなんだよなあ(笑)。
 はっきりいうと、サスペンス/ミステリ映画に、お涙頂戴は、いらない。
 極端に言えば、プロフェッショナルな犯罪者と、これもプロフェッショナルな捜査・探偵側の、ガチンコ対決を楽しみたいのであって、まるで幕の内弁当みたいに、泣かせもあるでよ、おしゃれ小鉢ついてます、みたいなのは、いらないのよ。(引用終わり)

 本来知的ゲームであるサスペンス/ミステリ映画にも、必ず涙を飾り立て、時には、それが主目的になっているのは、日本映画おかしいんじゃない、いくら日本人好みの特性だからといってもねぇ、と書いてて、ぼんやり思ったのは、ああ、これは映画だけの話じゃないな、と。
 ほんらい、冷徹な国際政治・外交・国防に、「情」を絡めている、日本の左翼、野党、護憲派、一国平和主義者は、はっきり言って国際的異常者なんじゃないかと(笑)。

 日本を取り巻く諸国(というか、日本を除く全世界)は、国際政治・外交・国防において、いかに自国の存続繁栄を図るか、いかに自国に有利な方向に誘導できるか、冷徹なゲームの規則を基に行動している。
 ところが、日本の左翼、野党、護憲派、一国平和主義者だけが、世界とゲームの規則が、違う
 集団的自衛権の行使容認を柱とする安全保障関連法案についての、国会での野党の態度、法匪たる憲法学者、報匪たる朝日、東京各紙、自称世界平和、実は一国平和主義者たち左翼リベラル市民諸君、彼らに冷徹な国家生き残りの論理など、欠片も、ない。

 だから、お花畑、といわれるのだ。
 自称世界平和? 笑わせるなよ。日本の軍国主義は批判しても、それ以外のロシア、中国、北朝鮮の軍国主義は、一切批判しないくせに。
 戦争反対? 笑わせるなよ。日米の「帝国覇権主義」は批判しても、それ以外のロシア、中国、北朝鮮の帝国覇権主義は、一切批判しないくせに。「軍靴の足音」は、必ず日本からしか、聞こえない、聴力異常。

 論理でもない。ましてや理想論ですらない。日本の左翼、野党、護憲派、一国平和主義者たちの、感情論だけの、平和主義。
 感情論で平和が担保出来ると、本気で考えて・・・・いるんだよなあ。あの方たちは。

 日本の政治家であるにもかかわらず、安倍晋三の特異な点は、国際政治・外交・国防は、感情などというものの入る余地のない、冷徹なゲームの規則に従った、国家レースである、という点を、例外的に理解して、ちから強く実行している点にこそ、ある。
 (痴)呆匪・辻元清美に、いらずもがなの「早く質問しろよ」の、逆ヤジ、明らかに「レヴェルが違う」野党への、駄々っ子的違和感だろうか。
 いずれにせよ、こちらは笑えない、駄々っ子みたいに「集団的自衛権なんて、いらない!」という、岡田某などが、国民の安全なんか、寸毫も考えていないのは、丸わかりで。

★昔の映画を見ています★旧作映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログのウラ掲示板
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
★にほんブログ村・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
★にほんブログ村・外国映画★
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村 FXで稼ぐ
新・今、そこにある映画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる